お金を借りる理由や言い訳について

借金をする理由は様々あり、生活費が足りなくなってしまったといった方が多いのではないでしょうか。買い物で使いすぎてしまったり、中にはパチンコなどのギャンブルで給料を全て使ったという方もいるでしょう。お金を借りるために、最初に消費者金融で借りるという考えが思い浮かぶ方は少なく、大抵の方が周りの家族や友達から借金をするかと思います。周りの方に借金をする場合に、素直に贅沢をしすぎた、ギャンブルでお金が無くなったと話してしまえばお金を貸してくれる可能性が低くなってしまいます。人間的にも信用を無くしてしまうため、相手を納得させる理由や言い訳などを考えたほうが良いでしょう。理由や言い訳としては、財布を無くした、落としてしまったなどが無難なものとなります。お財布に現金やカードが入っていて生活ができなくなってしまったと言い訳をすれば、貸す側としてはしかたないと同情してお金を貸してくれやすくなります

冠婚葬祭の費用や、今度の飲み会のお金が足りないなどもよく使われる言い訳のひとつでしょう。結婚式や出産の祝儀の時期は大体わかりますが、葬式に関しては突然のことなので、急遽お金が必要になることは疑われづらい理由となります。同様に飲み会など予定していなかったことが急にくる場合もあるため、言い訳としては使いやすいものとなります。他にも車が故障してしまった、交通違反で捕まったなども良い言い訳となります。交通違反や車の修理費用は、場合によっては何万、十数万円と高額なものとなるので、相手に同情されやすい状況となります。その他の言い訳としては、病院の治療代、家賃や光熱費の滞納、家具やパソコンの故障などを理由にすることができます。お金を借りる理由や言い訳はたくさんありますが、嘘をつくのが苦手な方や罪悪感を感じやすい方にはおすすめできない方法となります。そういった方に関しては素直に話すか、消費者金融でお金を借りたほうがストレスにならずに済むことができます。