安心してお金を借りるための方法

人生の中で最も大きな買い物は、マイホームです。ご自身の貯蓄がたくさんある人は、キャッシュで購入できますが、ほとんどの人は、住宅ローンを利用することになります。ローンには、大きく分けると2種類があります。一つは目的別ローンと呼ばれているものです。そしてもう一つはキャッシングやカードローンをいう目的が定まっていないローンです。住宅ローンのように住宅を購入する目的のみでローンを組みますので、金利負担は少なくて済みます。マイカーローンや教育ローンなども目的別ローンの一種といえます。

お金を借りる場合には、銀行などに融資のお願いをすればよろしいです。金融機関の中でも銀行は最も安心できますので、借金をしてもそれほど精神的な苦痛を味わうことはありません。一方で、キャッシングやカードローンを利用する場合には、業者を選ぶことが大切です。理由は金利がとても高いからです。利息制限法という法律により、年利18%が上限と決められていますが、業者によっては、上限金利を課するのではなく、優遇金利でお金を借りることもできるのです。貸金業者には、銀行系、信販系、消費者金融系などがありますが、できれば銀行系のカードローンを利用されるとよろしいです。そして、決してお金を借りてはならないのが、ヤミ金と呼ばれる業者です。表向きには金利が安く、スタッフのみなさんも丁寧に接してくれるのですが、ふたを開けてみると、とんでもない金利を課され、一生借金の返済をしなければならない状態になってしまいます。借金の取り立ても厳しく、常に精神的に追い詰められるという状況になります

お金を借りるためには、審査を受ける必要があります。審査基準は、定職に長期間勤務しており、安定した収入を得ていること、他に多額の借金がないこと、過去に金融事故を起こしていないことなどです。利用限度額は、ご自身の収入によって設定されますが、利用限度額まで借り続けるのではなく、どうしても現金が必要なときに計画性を持って、お金を借りるようにすべきです。