著者アーカイブ: mike

突然のけがや病気による入院や冠婚葬祭など、一時的にお金が足りなくなることもあるでしょう。お金に困ってしまった場合には、どうにかしてやりくりをしなければなりません。お金を借りるにはどのような方法があるのでしょうか。(お金を借りる方法)お金を借りる方法として、まずひとつめに親族や友人に借りるという方法があります。この方法は金融機関から借りる場合と比べると、返済期日も決まっていなく、利息もつかないことがほとんどなので、借りる側としては一番安心してお金を借りる方法といえます。しかし金銭の貸し借りというものは、トラブルの大きな原因ともなります。そのため用意ができ次第すぐに返済できる金額を考えて借りることが必要です。

そして生活するのも難しくなるほど、お金に困ってしまった場合には、行政機関の公的貸付制度を受けることができます。突然働くことができなくなり収入がなくなったり、子供の教育資金が足りなくなった場合などに、無利息もしくは極めて低金利で利用することができます。この公的貸付制度を利用することができれば、最もよいお金を借りる方法といえますが、他のお金を借りる方法と比べると、利用するための条件がとても厳しくなっています

そして公的貸付制度の利用ができずに、親族や友人からも借りることができない場合に役立つのが、銀行や消費者金融からのキャッシングを利用することになるでしょう。キャッシングと聞くと、利息が高い、返せなくなりそうで心配と思っている人も多いですが、計画的に利用すれば決して心配なものではなく、お金が足りない時には、大きな支えとなることでしょう。借りることができる金額や、実際に借りられるかどうかということは個人によって異なってくるので、よく確認してから使用するようにしましょう。近年では無利息の期間を設けているところもあるので、短期間で返済できるあてがあるのであれば、このようなサービスを利用するとよいでしょう。

人生の中で最も大きな買い物は、マイホームです。ご自身の貯蓄がたくさんある人は、キャッシュで購入できますが、ほとんどの人は、住宅ローンを利用することになります。ローンには、大きく分けると2種類があります。一つは目的別ローンと呼ばれているものです。そしてもう一つはキャッシングやカードローンをいう目的が定まっていないローンです。住宅ローンのように住宅を購入する目的のみでローンを組みますので、金利負担は少なくて済みます。マイカーローンや教育ローンなども目的別ローンの一種といえます。

お金を借りる場合には、銀行などに融資のお願いをすればよろしいです。金融機関の中でも銀行は最も安心できますので、借金をしてもそれほど精神的な苦痛を味わうことはありません。一方で、キャッシングやカードローンを利用する場合には、業者を選ぶことが大切です。理由は金利がとても高いからです。利息制限法という法律により、年利18%が上限と決められていますが、業者によっては、上限金利を課するのではなく、優遇金利でお金を借りることもできるのです。貸金業者には、銀行系、信販系、消費者金融系などがありますが、できれば銀行系のカードローンを利用されるとよろしいです。そして、決してお金を借りてはならないのが、ヤミ金と呼ばれる業者です。表向きには金利が安く、スタッフのみなさんも丁寧に接してくれるのですが、ふたを開けてみると、とんでもない金利を課され、一生借金の返済をしなければならない状態になってしまいます。借金の取り立ても厳しく、常に精神的に追い詰められるという状況になります

お金を借りるためには、審査を受ける必要があります。審査基準は、定職に長期間勤務しており、安定した収入を得ていること、他に多額の借金がないこと、過去に金融事故を起こしていないことなどです。利用限度額は、ご自身の収入によって設定されますが、利用限度額まで借り続けるのではなく、どうしても現金が必要なときに計画性を持って、お金を借りるようにすべきです。

お金を借りる場合、普通ならば銀行や消費者金融のカードローンを利用すれば、即日融資を受けられる、借りたお金の使い道が問われないなどのメリットがあるため、カードローンを利用してお金を借りる人が多くなっています。しかし、インターネットの中にはお金を貸して欲しい人に対しての、個人間融資用掲示板と言うものが存在しているのです。個人間融資用掲示板と言うのは、お金を持っている人が、お金を借りたい人を募集してお金を貸すと言う取引であり、数千円単位から数百万円までのお金を借りる事が出来るようになっています。個人間融資になるので、互いに信頼が出来ないとトラブルの元になりかねません。中には、借り逃げをする人もいないとも限りませんし、貸す側も悪意を持ってお金を貸し付け、過剰な利息を請求すると言うケースもあります。

掲示板を利用してお金を借りると言う事は色々なリスクが存在していると言う事でもあるわけです。お金に余裕がある人が、お金を借りたいと言う人を募集するだけではなく、お金を借りたい人が掲示板に書き込みを行い、お金を貸してくれる人を募集すると言う場でもあります。例えば、10万円と言った金額のお金が必要なのでお金を貸して欲しいと言った事を記載すると、お金を貸せる人がその人の掲示板の内容を読んでお金を貸すと言う取引を行うわけです。個人間融資は当事者同士の中での契約になりますが、お金を借りる時には証書を作成して貰い、返済期日をいつにするのか、利息はどうするのかと言う事を貸す側と借りる側が相談を行って取引を行う必要があります。金融機関などの場合、返済が出来なくなった時には保証人を立てているローンであれば保証人が弁済を追う義務がありますが、個人間取引の場合、返済が出来なくなった時の対処法などについても相談をしておく必要があります。個人間融資掲示板はお金を借りる方法の一つではありますが、きちんとしたルールを互いに作り、融資を受ける、融資を行うと言う事が大切です。

借金をする理由は様々あり、生活費が足りなくなってしまったといった方が多いのではないでしょうか。買い物で使いすぎてしまったり、中にはパチンコなどのギャンブルで給料を全て使ったという方もいるでしょう。お金を借りるために、最初に消費者金融で借りるという考えが思い浮かぶ方は少なく、大抵の方が周りの家族や友達から借金をするかと思います。周りの方に借金をする場合に、素直に贅沢をしすぎた、ギャンブルでお金が無くなったと話してしまえばお金を貸してくれる可能性が低くなってしまいます。人間的にも信用を無くしてしまうため、相手を納得させる理由や言い訳などを考えたほうが良いでしょう。理由や言い訳としては、財布を無くした、落としてしまったなどが無難なものとなります。お財布に現金やカードが入っていて生活ができなくなってしまったと言い訳をすれば、貸す側としてはしかたないと同情してお金を貸してくれやすくなります

冠婚葬祭の費用や、今度の飲み会のお金が足りないなどもよく使われる言い訳のひとつでしょう。結婚式や出産の祝儀の時期は大体わかりますが、葬式に関しては突然のことなので、急遽お金が必要になることは疑われづらい理由となります。同様に飲み会など予定していなかったことが急にくる場合もあるため、言い訳としては使いやすいものとなります。他にも車が故障してしまった、交通違反で捕まったなども良い言い訳となります。交通違反や車の修理費用は、場合によっては何万、十数万円と高額なものとなるので、相手に同情されやすい状況となります。その他の言い訳としては、病院の治療代、家賃や光熱費の滞納、家具やパソコンの故障などを理由にすることができます。お金を借りる理由や言い訳はたくさんありますが、嘘をつくのが苦手な方や罪悪感を感じやすい方にはおすすめできない方法となります。そういった方に関しては素直に話すか、消費者金融でお金を借りたほうがストレスにならずに済むことができます。

いま、現代社会に生活している人々のすべてがそうだと言うのではないのですが。世の中にキャッシングという本当に便利なサービスがあります。あまりにも手軽に融資が受けられるので、ついつい借り過ぎてしまうということ。どうやらそのあたりに問題が集中しているようです。これを利用することの注意点、まずはそこから考えていきたいと思うのですね。

この問題を解決するには、口で言うのは簡単です。すなわち、考えて計画的に利用すればいい、ということ。でも、それがなかなかできないのが人間の性なのでしょうか。ちょっと前なら大変なことになってます。返済を少しでも滞らせると、どこからか怖い人が現われて、手段を選ばずに取り立てに入る。経験された方もけっして少なくないはずです。あれは絶対に避けたいですね。

キャッシングがどういうものかと言いますと、これはもう、かなり多くの方が実際に利用されていることと思いますが、ようするに無担保で保証人も必要ないのです。あくまでも個人の信用で融資が受けられるわけですから。それから実際に融資が受けられるまでの時間が短いことがあげられます。これはキャッシングの最大の魅力なのではないでしょうか。急な出費には便利ですね。

それでは、キャッシングの注意点をあげてみましょうか。実はさきほど言いましたように、融資までのスピードがものすごく早くて便利というメリットですね、これは裏を返せば最大のデメリットにもなってしまうのです。どういうことかと言いますと、簡単スピーディーに必要なお金が借りられるということは、ついつい借り過ぎてしまうこともあるということ。ここが問題だったのです。

もともとこのキャッシングというものは、短期間で返済することを前提にしているわけですから、当然のことですが、返済のアテがあることが条件になります。給料日ですとか、ボーナスですとか、そういうアテがあるときに借りるのが賢明なのですね。ですから、たとえば生活費が足りないから、という理由はちょっと考えた方がいいです。生活費が足りないというのは、収入のバランスが崩れていることを意味していますからね。

世の中には、ほんとに数多くのキャッシングがあるわけで、もしも利用を考えるなら、自分が今求めている条件にマッチしたところを選べばいいでしょう。あくまでも、計画的に、ですが。

MAX87_burankodekodoku20140531_TP_V

キャッシングに関する情報サイトを見てみますと、たまに派遣登録が勧められている事があります。もしも現在働いていない場合は、そのような会社に登録をすると、借りやすくなると紹介されている事があるのです。

というのも世間には、無職の方々も見られます。正直その職業属性の方は、ちょっと金融会社からの融資は難しい傾向があります。やはり金融関連の会社としては、収入の安定性などを見ている事が多いからです。

それで情報サイトとしては、前述の会社に登録する事をおすすめしているケースがあるのですね。さすがに職が無いと少々難しいので、少なくとも派遣には登録しておく方が良いと勧めているサイトも見られます

ちなみに派遣社員というのは、数ある職業属性の中では意外と有利な方です。正社員が最も有利なのですが、その次に有利なのは派遣なのですね。その次がアルバイトやパートになるそうです。

その話を聞けば派遣に登録をしておくのも一法だと思われるかもしれませんが、実はそれで落とされてしまう事もありますので、注意が必要です。というのもキャッシングでは、働いている年数が重視される事になります。さすがにゼロ年ですと、ちょっと難しくなってしまうのですね。

金融関連の会社は、色々な方法で年数を確認しています。勤続年数がゼロ年になっているか否かなどは、簡単に調べが付くものなのですね。

ですので派遣に登録さえしておけば、この金融関連の商品で借りれる訳ではありませんので、注意が必要です。派遣として登録をして、数年間や数ヶ月などの実績が見られる方の場合は借りれる事が多いのですが、さすがにゼロですと難しいのですね。

結局無職の方々は、ちょっと難しい傾向があります。ただ無職でも借りるのが困難とは限りません。金融会社によっては、保証人を立てると無職の方でも借りれる事があります。保証人を立てた旨を金融会社に伝えて申込をする方が、派遣登録をするよりも確実だと思いますね。

USAGI0I9A6068_TP_V

金融会社を利用している方々の状況は色々で、ブラックやホワイトなどの用語が用いられる場合があります。前者の言葉は、いわゆる事故を起こしているような方々が中心的ですね。過去に遅れが生じている方々に対しては、そのような表現が用いられる事も珍しくありません。

ところで後者の表現は、あまり耳にした事が無い方も多いようです。確かにあまり聞かない言葉ですね。
ホワイトとは、今までに何も利用した事が無い方を指します。金融業界では、とりわけ融資関連の商品を、今まで利用した事が無い方を指すのが一般的です。

例えばクレジットカードです。人によっては、今までそのようなカードを全く作成した経験が無い事もあるのです。いわゆる現金主義で支払っている方々などは、融資歴がゼロになっているケースも珍しくありません。 もちろんカードだけでなく、キャッシングも同じですね。今までにどこの会社から借りた事が無い方々に対しても、ホワイトという表現が用いられる傾向があります。

ところでホワイト属性の方々は、キャッシングではどうなるかと申しますと、厳しい事があるのです。特に年齢が高めの方々の場合は、ちょっと厳しめな傾向があります。

そもそもある程度年齢が高い方の場合は、1回や2回は融資関連の商品を利用していても、何ら不思議はないと思われる事が多いのですね。何も利用した事が無いとなると、色々と疑われる傾向があります。今まで1回も融資を受けた事が無いのに、何故今さら借りるのだろうか等と疑われる事があるのだそうです。

ではどれ位の年齢になると、そのように見なされるかと申しますと、35歳ですね。つまり34歳以下のホワイト属性の方は比較的借りやすいのですが、35歳以上になると少々難しい訳です。 ですので少なくとも34歳までには、どこかの会社で融資関連の契約をしておくと良いでしょう。日常生活では、いつお金が必要になるか分からない一面があります。いざという時に困らないようにする為に、上記の年齢までには申込を済ませておくべきでしょう。

CCC9V9A9993_TP_V

結婚して数年後、旦那と覚えたスロットに、はまってしまい、毎月の生活もギリギリになった。 それに、追い打ちをかけるように、電化製品も壊れてしまい、ローンを組んでしまった。 何も知らない無知とはいえ、リボルビングまで、言われるままに組んでしまった。 そこからは、もう、坂道を転がるような、生活。

借金を返す為に、また借金、挙げ句には、一攫千金をと、スロットにつぎ込む生活。 気がついたら、自力では、返せなくなっていた。 親にも頼れず、頑張って、頑張って、頑張って、なんとか、少しずつでもと、返していき、数年。 いつしか、過払い請求、いわゆる、グレーゾーンが・・・とテレビから耳に入ってくるようになった。

それでも、自分たちには、関係ないと、頑張って弁済していた。 それからも、返済していたが、たまたまデパートに行った時、「弁護士が、過払い金の相談にのりますよ」との、名刺を渡された。 半信半疑で、電話をして、弁護士との予約をとり、数日後にデパート内の一室に行った。

対応したのは、女性の人で、先ずは、数枚の書類に必要事項を、書き込んだ。 最初に、女性が「不安が、あれば、何でも聞いて下さい。」との、言葉に、「任せてみようかな」と思うようになった。 書類への書き込みも済ませ、弁護士の前に即された、少し貫禄のある40代の男性弁護士。

恥を捨てて「電化製品を買いたいから」と、借金の生活を話して、そこから、弁護士との話しが進んで行った。 弁護士は、その場で簡単に計算して、トータル的に「過払いが、発生しています。取り返しますか?」と聞いてきた、私が躊躇していたら、弁護士は「私が、絶対に取り返してあげます」と、断言して、「もう、今日から、一円も払わなくていいですから」と、はっきり言ってきた。

私は本当に大丈夫なのか?と不安が、いっぱいで、たまらなかったけど、弁護士は「相手から、何かあれば、弁護士事務所に連絡して下さいと、言って構いません」と、言われ、任せる事にして、数日が経ち、弁護士からの連絡が、月に数回、状況を説明してもらった。 2年後、すべての過払い請求が終わり、お金を取り戻した

もっと早く、弁護士に相談に行けていたら。 もっと早く、自分が、愚かだったと、認められたら。 何度も、もっと早く、もっと早く、と思う。 本当に苦しんでるなら、自分が、愚かだと認める事が、絶対必要だと思います。

急に結婚式をすることになったのは3年ほど前のことです。5年交際した彼氏といよいよ結婚の話が出たのですが、お互い資格の取得に向けて長い間頑張っていましたので、貯金もあまり無いような状態。これからお金を貯めてお金が貯まったら結婚しようと決めていました。しかし、そんな時に妊娠したことがわかったのです。

お互いの家族はいずれ結婚するだろうと思っていたでしょうし特に反対はされませんでした。しかし、どちらからも結婚式はちゃんとするように言われてしまったのです。結局は出来ちゃった結婚になりますし、それでいて結婚式もしないとなると世間体も悪い。

言いたいことはわかるのですが、金銭的な余裕はありません。今後貯金をしようと計画していたことを話しても、怒られるばかり。これには二人ともすっかり参ってしまいました。

そして、結局ウェディングローンを利用しようと思い話を聞きに行ってきました。すると、結構金利が高いんですよね。お互い結婚してから金銭的に困らないようにと資格の勉強を続けてきたのに、これではなかなか本末転倒になってしまいます。

そこで、もっと違うローンやキャッシングが無いのか調べたところ、ろうきんがあったので話を聞いてみることにしたのです。 ちなみに、ろうきんには結婚式向けのローンはありません。フリーローン目的のカードキャッシングがありますので、そちらを利用することになります。

ろうきんは審査が厳しいといわれているのですが、やはり勤めている会社によって優遇してもらえるケースもあるみたいですね。私の働いている会社ではろうきんを利用している方が多かったので、何とか通るかな?と審査を受けてみました。

その結果無事通り、100万円を借りることが出来ました。後は貯め始めていた貯金と、ご祝儀で何とか支払えましたので結局使ったのは30万円ほどでしたが、ちゃんと借りられなかったらいまだに悩んでいたのかなと思います。結果的に家族も納得してくれましたのでホッとしましたね。